GOGO COCORO
おかげさまで創業55周年

電気が動くとできること トヨタの給電 電気が動くとできること トヨタの給電

トヨタの給電とは

クルマから電気を取り出し「移動できる電源」として使えます。
いつもの暮らしから、もしもの非常時まで、
“電気が動く” ことで、場所に縛られることなく、
うれしさや安心が次々と広がっていきます。

給電機能まるわかり 給電機能まるわかり

point.1

一般家庭の約5.0日分*1の電力を供給します。
もし停電が起きても、さまざまな不安に備えることができます。

(プリウス(2.0L)の場合。プリウス(1.8L)の場合約4.5日)

point.1

一般家庭の約5.0日分*1の電力を供給します。
もし停電が起きても、さまざまな不安に備えることができます。

(プリウス(2.0L)の場合。プリウス(1.8L)の場合約4.5日)

スマホなら

4,800回分*2
満充電できます。

LED電球なら

5,700時間分*3

電気ストーブなら

50時間分*4

IH炊飯器なら

30時間分*5

こちらもご確認ください。stat_minus_1

*1.プリウス(2.0L) の電力供給時間(ガソリン満タン/消費電力400W時)は約5.0日です。電力供給時間は車種によって異なります。一般家庭が日常使用する電力量:1日あたり10kWh(家庭での1時間あたりの消費電力400W)として試算した場合。 *2.プリウス(2.0L)が外部供給できる電力量(ガソリン満タン時):約48kWh(=約48,000Wh)として試算した場合、スマートフォン1台をフル充電するために必要な電力量:10W×1h=10Wh。フル充電できるスマートフォン:48,000Wh/10Wh=約4,800回で計算。 *3.プリウス(2.0L)が外部供給できる電力量(ガソリン満タン時):約48kWh(=約48,000Wh)として試算した場合、LED電球1個を1時間点灯させるために必要な電力量:6.9W×1h=6.9Wh。LED電球を点灯できる時間:48,000Wh/6.9Wh=6,956時間(約6,900時間)で計算。 *4.プリウス(2.0L)が外部供給できる電力量(ガソリン満タン時):約48kWh(=約48,000Wh)として試算した場合、電気ストーブを1時間使用するために必要な電力量:750W×1h=750Wh。電気ストーブを使用できる時間:48,000Wh/750Wh=64時間(約64時間)で計算。 *5.プリウス(2.0L)が外部供給できる電力量(ガソリン満タン時):約48kWh(=約48,000Wh)として試算した場合、IH炊飯器を1時間使用するために必要な電力量:1,200W×1h=1,200Wh。炊飯器を使用できる時間:48,000Wh/1,200Wh=40時間(約40時間)で計算。

point.2

合計1500W以内なら、複数の電化製品*6を同時に使えます。

point.2

合計1500W以内なら、複数の電化製品*6を同時に使えます。

IH炊飯器1200ワット、扇風機30ワット、電気スタンド20ワット、スマートフォン10ワット。同時使用合計1260ワット。給電機能1500ワット使用可能。
IH炊飯器1260ワット、扇風機30ワット、電気スタンド20ワット、スマートフォン10ワット。同時使用合計1200ワット。給電機能1500ワット使用可能。

※消費電力は製品により異なります。消費電力一覧はこちらopen_in_new

こちらもご確認ください。stat_minus_1

*6.■消費電力の合計が1500W以下の電気製品をご使用ください。ただし、電気製品によっては消費電力の合計が1500W以下の場合でも正常に作動しない場合があります。■電気製品の消費電力と起動電力をご確認ください。起動時に、消費電力の1.1~8倍の起動電力を必要とする電気製品があります。消費電力の合計が1500W以下であっても、起動電力により合計が1500Wを超えることで給電が停止することがあります。(※消費電力一覧open_in_newをご覧ください。)■アース線のある電気製品を使用するときは、アース線をアース端子に接続してください。■使用する電気製品の取扱書の注意事項に従ってご使用ください。一般の電気製品の多くは自動車内や屋外での使用は想定されていないため、次のような問題が発生する可能性があります。●特に外気温が低いときや高いときでは、故障や作動不良になる可能性●水平設置が必要な電気製品は、正常に作動しない可能性●走行中の振動や、炎天下での駐車時の熱などにより、電気製品が故障する可能性■電源プラグや、電気製品が故障しているときは使用しないでください。■防水仕様の電気製品を除き、雨や水のかかる場所、湿気の多い場所では使用しないでください。■水没や浸水した、またそのおそれのある電気製品は使用しないでください。■車両の状態によっては、一時的に給電機能が停止することがあります。■複数の電気製品に給電する場合、電気製品によっては正常に作動しない可能性があります。その場合は、単独で電気製品を使用してください。■次のような電気製品は、消費電力の合計が1500W以下でも正常に作動しないおそれがあります。●起動時の電力が大きい電気製品●取扱説明書などに記載されている消費電力よりも大きな供給電力を必要とする電気製品●精密なデータ処理をする計測機器●きわめて安定した電力供給を必要とする電気製品●タイマー設定する機器など、コンセントの出力が連続して必要な電気製品■工場出荷時の電源周波数は車両によって異なります。車両の取扱説明書を確認し、電気製品の使用可能な周波数と車両の電源周波数が異なる場合は、販売店にご相談ください。

<非常時の電源としてご使用される場合>
■駆動用電池の残量減少により、自動的にガソリンエンジンが作動する場合があります。車庫内など換気が悪い場所や囲まれた場所(雪が積もった場所)などでは、酸素欠乏や排気ガスの充満、滞留を防ぐため、給排気を可能とする関連装置などを適切に設置して、使用してください。設置できない場合は使用しないでください。■地面が固く平らな場所でご使用ください。■一部の自治体では、駐車または停車中にエンジンを始動した場合、条例にふれる可能性があります。アクセサリーコンセント、非常時給電システムの使用については関係する自治体に確認した上で、適切に使用してください。

point.3

さらに、移動する電源としてアウトドアがもっと楽しくなる。

使い方は、非常時だけにとどまりません。山・川・海など、あらゆる場所でクルマが電源になるのでレジャーの楽しみ方がグンと広がります。

point.3

さらに、移動する電源としてアウトドアがもっと楽しくなる。

使い方は、非常時だけにとどまりません。山・川・海など、あらゆる場所でクルマが電源になるのでレジャーの楽しみ方がグンと広がります。

コーヒーメーカー650ワット、プロジェクター300ワット、LED投光器90ワット、スピーカー40ワット、同時使用合計1080ワット。給電機能は1500ワットまで使用可能。
コーヒーメーカー650ワット、プロジェクター300ワット、LED投光器90ワット、スピーカー40ワット、同時使用合計1080ワット。給電機能は1500ワットまで使用可能。

こちらもご確認ください。stat_minus_1

[使用する電気製品の消費電力]
■合計消費電力は1500W以下でご使用ください。1500Wを超えると保護機能が作動し、給電機能が停止します。また、電気製品の消費電力と起動電力をご確認下さい。起動時に、消費電力の1.1~8倍の起動電力を必要とする電気製品があります。消費電力の合計が1500W以下であっても、起動電力により合計が1500Wを超えることで給電が停止することがあります。(※消費電力一覧open_in_newをご覧ください。) ■消費電力が大きな電気製品(ホットプレートなど)の中には、コンセントを単独で使うことを必須としているものがあります。その場合、他の電気製品と併用しないでください。

[使用する電気製品の作動周波数]
■工場出荷時の電源設定周波数は車両によって異なります。車両の取扱説明書を確認し、電気製品の使用可能な周波数と車両の電源周波数が異なる場合は、販売店にご相談ください。

[車両の安全確保]
■HV給電モードではエンジンが作動することがあるため、次のことをお守りください。 ●使用中は車両から離れないでください。 ●誤って手を入れないようにボンネットは閉めてください。 ●地面が固く平らな場所に駐車し、できれば輪止めを設置してください。 ●必要に応じて、ドアやヴィークルパワーコネクターを施錠してください。 ■落雷の可能性がある天候の時はAC外部給電システムを使用しないでください。使用中、雷に気づいたときには使用を停止してください。 ■一部地域では駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、条例に触れるおそれがありますのでご注意ください。

[換気]
■HV給電モードではエンジンが作動することがあります。給排気設備のない車庫内などの換気の悪い場所や囲まれた場所(雪が積もった場所)などでは、酸素欠乏のおそれや、排気ガスが充満したり滞留したりするおそれがありますので、使用しないでください。

[外気温が高いとき]
■炎天下など、車内が高温になる状態で使用すると、給電機能が停止することがあります。その場合は、車両を日陰等に移動したり、エアコンを使用するなどして室内温度を下げてください。

[外気温が低いとき]
■特に外気温が低いときは、給電機能が作動できないことがあります。その場合は、車両を走行させるなどし、車両を暖めると使用できる可能性があります。

[エアコンの使用に関する警告]
■AC外部給電システムの使用中は、お子様や介護を必要とする方、ペットを車内に残さないでください。エアコンを使用していても、システムの自動停止等により室内が高温、または低温になる場合があり、熱中症・脱水症状・低体温症になり、重大な障害に及ぶか最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

家庭の備えは、まず3日分。
ライフラインの復旧には
時間がかかります。

災害発生から3日間は人命救助が最優先。
ライフラインの復旧・支援物資や道路の補修などは、その後になります。
だから家庭ではまず3日分、自分たちのくらしを維持する備えが必要です。

北海道胆振東部地震
に発生

北海道全域
約295万戸停電
ほぼ全域の復旧までに約2日間

出典:電力広域的運営推進機関「平成30年北海道胆振東部地震に伴う大規模停電に関する検証委員会最終報告」open_in_new

LINE UP
給電できるクルマ

コンパクト、ミニバン、
セダン、ワゴン、SUVなど
トヨタは20種類以上で給電に対応!

車両の走行機能を停止
させた状態で給電が可能

アクセサリーコンセント
(AC100V・1500W)
/非常時給電システム付*1

走行中に車内で
電気製品への給電が可能

アクセサリーコンセント*2
(AC100V・1500W)

車内でのコンセントの使用
に加え、外部給電が可能

AC外部給電システム*3
(ヴィークルパワーコネクター)

DC9000W以下の
大電力を供給可能

DC外部給電システム*4

「クルマde給電」「おうち給電システム」はのクルマが対象

給電機能についてopen_in_new
アクア
対象
全車
設定
標準装備
詳しくはこちらchevron_right
カローラスポーツ
対象
ハイブリッド全車
設定
メーカーオプション*6*7
詳しくはこちらchevron_right
ヤリス
対象
ハイブリッド全車
設定
メーカーオプション*5*13
詳しくはこちらchevron_right
アルファード
対象
ハイブリッド全車
設定
標準装備
詳しくはこちらchevron_right
ヴェルファイア
対象
ハイブリッド全車
設定
標準装備
詳しくはこちらchevron_right
ヴォクシー
対象
ハイブリッド全車
設定
一部グレードに標準装備、一部グレードにメーカーオプション*8
詳しくはこちらchevron_right
シエンタ
対象
ハイブリッド全車
設定
メーカーオプション*14
詳しくはこちらchevron_right
ノア
対象
ハイブリッド全車
設定
一部グレードに標準装備、一部グレードにメーカーオプション*9
詳しくはこちらchevron_right
クラウン
対象
ハイブリッド全車
設定
標準装備
詳しくはこちらchevron_right
カムリ
対象
Xを除く全車
設定
メーカーオプション*5*10
詳しくはこちらchevron_right
カローラ
対象
ハイブリッド全車
設定
メーカーオプション
詳しくはこちらchevron_right
プリウス
対象
ハイブリッド全車
設定
標準装備
詳しくはこちらchevron_right
プリウス
対象
プラグインハイブリッド車
設定
標準装備*15*16
詳しくはこちらchevron_right
カローラツーリング
対象
ハイブリッド全車
設定
メーカーオプション*11
詳しくはこちらchevron_right
カローラ クロス
対象
ハイブリッド全車
設定
メーカーオプション*5
詳しくはこちらchevron_right
クラウン(クロスオーバー)
対象
全車
設定
標準装備
詳しくはこちらchevron_right
クラウン(スポーツ)
対象
全車
設定
標準装備
詳しくはこちらchevron_right
クラウン(スポーツ)
対象
プラグインハイブリッド車
設定
標準装備*15
詳しくはこちらchevron_right
ハリアー
対象
ハイブリッド全車
設定
メーカーオプション*5
詳しくはこちらchevron_right
ハリアー
対象
プラグインハイブリッド車
設定
標準装備*15
詳しくはこちらchevron_right
bZ4X
対象
全車
設定
標準装備
詳しくはこちらchevron_right
ヤリス クロス
対象
ハイブリッド全車
設定
メーカーオプション*5
詳しくはこちらchevron_right
RAIZE
対象
ハイブリッド全車
設定
メーカーオプション
詳しくはこちらchevron_right
RAV4
対象
ハイブリッド全車
設定
メーカーオプション*5
詳しくはこちらchevron_right
RAV4
対象
プラグインハイブリッド車
設定
標準装備*15
詳しくはこちらchevron_right

こちらもご確認ください。stat_minus_1

*1.●災害などによる非常時に電力が必要なとき、停車中(走行機能を停止した状態)に、AC100Vで消費電力の合計が1500W以下の電気製品を使うときの電源として使用可能。ただし、1500W以下の電気製品でも正常に作動しない場合があります。詳しくは販売店におたずねください。 *2.●走行中に車内において、AC100Vで消費電力の合計が1500W以下の電気製品を使うときの電源として使用可能。 *3.●普通充電インレットにヴィークルパワーコネクターを接続することで、停車中(走行機能を停止した状態)に車外において、AC100Vで消費電力の合計が1500W以下の電気製品を使うときの電源として使用可能。●バッテリーのみで給電する【EV給電モード】と、バッテリーのみで給電し、バッテリー残量が減るとエンジンがかかり給電を継続する【HV給電モード】からモード選択が可能。●防水カバーを備えるため、コンセント部を防水可能。 *4.●停車中(走行機能を停止した状態)に車外において、消費電力の合計がDC9000W以下の大電力を供給可能。●DC(直流)電力をAC(交流)電力に変換する別売りの外部給電器が必要となる。●別売りの外部給電器はV2H(Vehicle to Home:クルマから家へ)、V2L(Vehicle to Load:クルマから電気製品へ)の2タイプがある。V2Hは建物の既存配線につなぎクルマと建物が双方向に送電できる「据置型」、V2Lでは持ち運びができ、クルマから電気製品へ単方向に給電する「可搬型」の外部給電器となる。 ※外部給電器は一般社団法人電動車両用電源供給システム協議会が発行する電動自動車用充放電システムガイドライン(V2H DC版またはV2L DC版)に準拠したものをご使用ください。外部給電器の詳細については、各機器の取扱説明書などをご確認いただくか、製造元へお問い合わせください。ガイドラインに準拠していない外部給電器を使用すると火災や感電事故が発生し、重大な障害におよぶか、最悪の場合死亡事故につながるおそれがあります。 *5.スペアタイヤとアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)との同時装着はできません。 *6.G“Z”は 4:2:4分割アジャスタブルデッキボードとアクセサリーコンセントのセットでメーカーオプション。なお、4:2:4分割アジャスタブルデッキボード<8,800円(消費税抜き8,000円)>は単独で選択することも可能です。 *7.G、G“X”は、4:2:4分割アジャスタブルデッキボードとアクセサリーコンセントのセットでメーカーオプション。 *8.S-Gはインパネ一体型センターコンソールボックスとアクセサリーコンセントはセットでメーカーオプション。なお、2段階引出し式センターホルダーは非装着となります。 *9.S-Gはインパネ一体型センターコンソールボックスとアクセサリーコンセントはセットでメーカーオプション。なお、2段階引出し式センターホルダーは非装着となります。 *10.アクセサリーコンセントを選択した場合、充電用USB端子(Type-C)は非装着となります。また、デッキアンダートレイの形状が変更となります。。 *11.スペアタイヤまたはアクセサリーコンセントを選択した場合、リバーシブルデッキボードは一段式となります。 *12.アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、助手席足元1個)非装着を選択した場合、外部給電システム(ヴィークルパワーコネクター付)は選択できません。 *13.G、Xの、E-four車には、アクセサリーコンセントとターンチルトシート(運転席、助手席)は同時装着できません。 *14.G、Zはアクセサリーコンセントを選択しない場合、2023年4月以降の生産予定となります。 *15.ヴィークルパワーコネクターは走行中に使用できません。 *16.マイルームモード中はアクセサリーコンセントは使用できません。 *17.Z、G、Xはスペアタイヤとアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)との同時装着はできません。