あなたの真ん中へ。
この世界の真ん中へ。
ライフスタイルに寄り添うセダンです。

COROLLA SERIES

COROLLA TOURING
カローラツーリング

 

COROLLA SPORT
カローラスポーツ

 
PERFORMANCE

爽快な走りと優れた低燃費。

燃費性能と走りの楽しさを追求
ハイブリッドシステム

【1.8L 2ZR-FXE エンジン+モーター】
システム全体の⾼効率化により、低燃費を達成するとともに、モーターのトルクをしっかり活⽤し、発進した瞬間から、アクセル操作に対してクルマが素直に反応する⾛⾏フィーリングを徹底して追求。気持ち良いと実感できるシームレスな加速感を⾼次元で実現しています。

爽快な⾛りと優れた燃費性能
ガソリン車

【1.2L 8NR-FTS (直噴ターボ)エンジン】
⾛りの楽しさと、優れた環境性能を⾼い次元で両⽴する1.2L直噴ターボエンジン。シングルスクロールターボチャージャーとバルブ開閉タイミングを最適に制御するVVT-iW、VVT-iを組み合わせ、さらに最適な燃焼効率を実現する先進の燃料噴射システム「D-4T」を採⽤。幅広い回転域で最大トルクを生み出し、アクセル操作に対する瞬時のレスポンスや、滑らかに素早く伸びていく加速フィーリングをもたらします。また、最高回転数を上げることで加速時の伸び感を向上させました。
■VVT-iW:Variable Valve Timing-intelligent Wide。■VVT-i:Variable Valve Timing-intelligent。■D-4T:Direct-injection 4 stroke gasoline engine with Turbo。
【1.8L 2ZR-FAEエンジン】
⾼出⼒と燃費を同時に追求する「バルブマチック」を採⽤。空気を吸⼊する際の抵抗を低減することなどにより、エンジンの燃焼効率を⾼めています。また変速ショックがなく、エンジンの力を無駄なく路面に伝えるSuper CVT-iが、低燃費、静粛性、滑らかな走行フィーリングに貢献します。
■CVT-i[自動無段変速機]:Continuously Variable Transmission-intelligent。

雪道などの走りも安心
E-Four[電気式4WDシステム]

無駄なく、賢く、そしてスムーズに。加速時や雪道などの滑りやすい路⾯で、スムーズに4WD状態へ切り替えることで、発進性、⾛⾏安定性をアシストします。
■E-Fourは、機械式4WDとは機構および性能が異なります。さまざまな走行状態に応じてFF(前輪駆動)走行状態から4WD(4輪駆動)走行状態まで自動的に制御し、安定した操縦性・走行の安定性および燃費の向上に寄与するものです。 ■路面の状況、勾配、高速等の走行環境によってはガソリン4WD車に比べ、十分な駆動力が得られない場合があります。

操る楽しさ
6MT

マニュアル車の“操る楽しさ”を高めるため、変速・発進操作をアシストする機能を採用しました。ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、iMTがスタンバイ状態になります。この状態で変速動作(クラッチ操作、シフト操作)を検出すると、変速後のエンジン回転数を合わせるよう制御することでスムーズな変速フィーリングをアシストします。また、発進アシスト機能はすべてのドライブモードで作動。発進時のクラッチ操作を検出し、エンジン出力を最適に調整(トルクアップ)することで発進操作をよりスムーズに行えるようにしました。
[W×B(ターボガソリン車)に標準装備]

スイッチ操作で⾛りのテイストを⾃由に選択
ドライブモードセレクト(3段階)

状況に合わせて最適な⾛りを選択できる3つの走行モードを用意。状況や気分に合わせた⾛りのテイストが、ドライビングの歓びを増幅させます。選択した走行モードはマルチインフォメーションディスプレイに表示されます。
[ハイブリッド車、W×B(ガソリンターボ車)に標準装備]
■1.8Lガソリン車はプッシュ式2モード(NORMAL/SPORT)となります。

■燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、オプションの装着等に応じて燃料消費率は異なります。
■WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。

USABILITY

あなたを驚かせるのは、運転のしやすさと快適な乗り心地です。

運転が苦手な方でも安心な、取り回しの良さ
最小回転半径

最⼩回転半径は、5.0mを実現。細い路地に⼊る時やUターン時、⾞庫⼊れや縦列駐⾞時の取り回しが軽快に⾏えます。また、ドアの取り付けを⼯夫し開⼝時の幅を抑えることで、狭い場所での開閉と乗り降りをスムーズにしています。
★.15インチタイヤ装着車の場合。 16インチタイヤまたは17インチタイヤ装着車の場合は5.3mとなります。

良好な視界と最適なドライビングポジション
コックピット

フロントピラーのスリム化とドアミラーの取り付け位置を最適化することで、優れた前⽅視界を確保。同時に、リヤガラスを拡⼤し後⽅の視界も広げています。
■写真はHYBRID W×B(2WD)。9インチディスプレイオーディオ+6スピーカーはメーカーオプション。オート電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター・ブラインドスポットモニター付)とブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキはセットでメーカーオプション。エアクリーンモニターと「ナノイー」はセットでメーカーオプション。

ホールド性が高く運転姿勢が安定
スポーティシート

薄さとホールド性を両立したスポーティシートを採用。身体に負担のかかりにくい運転姿勢を保ち、長時間の運転でも疲れにくいシートを実現しました。
[W×Bグレードに標準装備]

少ない視線移動で情報を確認
カラーヘッドアップディスプレイ

運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影。⾞速のほかナビと連携※1したルート案内など、さまざまな情報を表⽰します。また、⾼輝度表⽰の採⽤により⽇中でも⾼い視認性を確保しました。
※1.ナビとの連携は販売店装着オプションのT-Connectナビキットまたはエントリーナビキットを装着した場合に可能となります。
[W×Bグレードにメーカーオプション]

UTILITY

暮らしをもっと自由に。

毎日のお出かけでも遠出でも、暮らしに合わせた収納が可能
ラゲージスペース

トランクルームには、ゆとりあるラゲージスペースを確保。ゴルフバッグが3個※3入ります。
※2.数値はトヨタ自動車(株)測定値。※3. 9.5インチゴルフバッグ。ゴルフバッグのサイズや形状によっては収納できない場合があります。また、2WD車でスペアタイヤをメーカーオプション装着した場合、ラゲージデッキの形状が変わり、ラゲージ容量が小さくなるなど、収納量が異なります。詳しくは販売店にてご確認ください。
 ■写真はHYBRID W×B(2WD)。

トランクスルーで丈の長い荷物を載せても空間は広々
6:4分割可倒式リヤシート(トランクスルー機能付)

リヤシートを前倒しにすると、トランクスルーが可能に。左右(6:4分割)別々に倒せるので、後席乗車もできます。
[W×Bグレードに標準装備]

レジャーから非常時まで役立つ AC100Vコンセント。
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W /非常時給電システム付)※1

電気製品※2を使用することができます。また、停車時などの非常時にも活用できる非常時給電システムを設定しています。
[ハイブリッド車にメーカーオプション]
※1.合計1500W以下の電気製品をご使用ください。ただし、1500W以下の電気製品でも正常に作動しない場合があります。詳しくは販売店におたずねください。
※2.製品によっては正常に作動しない場合やご注意いただきたい項目があります。ご使用になる前に必ず製品の取扱説明書をご覧ください。一部地域では駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、条例に触れるおそれがありますのでご注意ください。

スマホを置くだけで、運転中でも楽々充電
おくだけ充電

スマートフォンや携帯電話を、フロントコンソールトレイ内に設置した充電エリアに置くだけで充電が行えます。
[W×Bグレードにメーカーオプション]

冬のドライブでも快適
ステアリングヒーター&シートヒーター(運転席・助手席)

【ステアリングヒーター】
寒い日のステアリング操作を快適にサポートします。
[W×Bグレード、Sグレードにシートヒーターとセットでメーカーオプション。W×Bグレードにシート色ホワイト、シートヒーターとセットでメーカーオプション]
■写真はHYBRID W×B(2WD)。

【シートヒーター(運転席・助手席)】
運転席・助手席の肩、腰、下肢にあたる部分を中心にヒーターを配置し、寒い日のドライブも快適に。HI-LOの切替も可能です。
[W×Bグレード、Sグレードにステアリングヒーターとセットでメーカーオプション。W×Bグレードにシート色ホワイト、ステアリングヒーターとセットでメーカーオプション]
■写真はHYBRID W×B(2WD)。

コネクテッドカー

カローラは、全車にDCM(専用通信機)を標準装備したコネクティッドカーです。クルマとトヨタスマートセンターが通信でつながることで、24時間カーライフをサポートするとともにT-Connectナビの装着で、より充実したサービスがご利用可能です。
■サービスのご利用には、T-Connectの契約が必要です。 基本利用料は3年間無料(4年目以降は13,200円/年〈消費税10%込み〉)。

SAFETY

さまざまなシーンでドライバーの安全を支援。

Toyota Safety Sense

幅広いシーンで安全安心なドライビングをサポートする、次世代の予防安全パッケージを全車標準装備。

Other Safety Technology

踏み間違えてもサポート
インテリジェントクリアランスソナー
[パーキングサポートブレーキ(静止物)]

前向き駐車でアクセルを踏み過ぎた時も後ろ向き駐車でブレーキを踏み間違えた時も自動(被害軽減)ブレーキが作動し、衝突被害の軽減をサポート。

[W×Bグレード(除くターボガソリン車)、Sグレードに標準装備。G-Xグレードにメーカーオプション]
■W×B(ターボガソリン車)はクリアランスソナー&バックソナーとなり、警報機能のみ作動します。

後方死角を検知し、出庫をサポート
リヤクロストラフィックオートブレーキ
[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]

駐車場から後退する際に、接近してくる車両に対しても、自動(被害軽減)ブレーキが作動し、衝突被害の軽減をサポート。

[W×Bグレード(除くターボガソリン車)、Sグレードにオート電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター・ブラインドスポットモニター付)、ブラインドスポットモニターとセットでメーカーオプション。G-Xグレードにオート電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター・ブラインドスポットモニター付)、インテリジェントクリアランスソナー、ブラインドスポットモニター、バックガイドモニターとセットでメーカーオプション]
■W×B(ターボガソリン車)にオート電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター・ブラインドスポットモニター付)とブラインドスポットモニターをセットでメーカーオプション装着した場合、リヤクロストラフィックアラートとなり、警報機能のみ作動します。

速度を抑制して被害軽減に寄与
ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。たとえば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力/ハイブリッドシステム出力を抑えます。また、後退時、必要以上にアクセルを踏み込んで速度が上がりすぎるのを防ぐために、エンジン出力/ハイブリッドシステム出力を抑えます。
[ハイブリッド車、ガソリンCVT車に標準装備]

■各機能には限界があります。 ■道路状況、車両状況、天候状態および操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。 ■システムを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。 ■詳しくはカタログまたは取扱書をご覧いただくか、店舗スタッフまでお問い合わせください。

COLORS
GRADE&PRICE

■上記の燃料消費率は全てWLTCモードになります。■燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、オプションの装着等に応じて燃料消費率は異なります。

GALLERY
Photo1
Photo2
Photo3
Photo4
Photo5
Photo6
Photo7
Photo8

■車両本体価格(消費税10%込み)はネッツトヨタ札幌株式会社が独自に定めたものです。2020年4月現在のもので、予告なしに変更する場合がございます。■価格には寒冷地仕様が含まれます。■価格には、オプション価格(寒冷地仕様を除く)・取付費は含まれておりません。■「メーカーオプション」はご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。■保険料・税金(除く消費税)、登録料などの諸費用は別途申し受けます。■自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要になります。

■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。また、実車においてもご覧になる環境(屋内外、光の角度等)により、ボディカラーの見え方は異なります。■環境対応車 普及促進税制およびリサイクル料金についてはお問い合わせください。■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。■画面はハメ込み合成です。■一部の写真は合成・イメージです。

ホームラインアップ 〉カローラ
Copyright 2016 Netz Toyota Sapporo Co. Ltd.