安全運転の主役は、どこまでも人。クルマが危険を事前に知らせてくれたり、操作をフォローしてくれたらみんながもっと安心できるはず。
同時に、どんなにクルマが進化しても、運転する人を戸惑わせない乗り物でありたい。
実際の事故にしっかり向き合い、すべての運転ステージで個々の安全システムを連携させることで、本当に事故を減らすことのできるクルマを届けたい。
だから、つねに人を見つめる。人をまん中に、安全を考える。それがトヨタのサポカーです。
 安全運転の主役は、どこまでも人。クルマが危険を事前に知らせてくれたり、操作をフォローしてくれたらみんながもっと安心できるはず。同時に、どんなにクルマが進化しても、運転する人を戸惑わせない乗り物でありたい。実際の事故にしっかり向き合い、すべての運転ステージで個々の安全システムを連携させることで、本当に事故を減らすことのできるクルマを届けたい。だから、つねに人を見つめる。人をまん中に、安全を考える。それがトヨタのサポカーです。

※1.装備内容はプリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)、レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)。※2.プリウスを対象としたToyota Safety Senseとインテリジェントクリアランスソナー搭載車(約12万1000台)と非搭載車による比較。2015年12月~2016年12月の間の追突事故発生率(件/万台・年)について、公益財団法人交通事故総合分析センター(ITARDA)による事故データを基にトヨタ自動車(株)が独自算出。

セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)」は、高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる
交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。

セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)」は、高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。

■各機能には限界があります。■道路状況、車両状況、天候状態および操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。■システムを過信せず、必ずドライバーが責任をもって周囲に状況を把握し、安全運転を心がけてください。■詳しくは、取扱書、またはカタログをご覧いただくか、販売店スタッフまでお問い合わせください。

■グレードによって予防安全装置の設定が異なる場合があります。■グレードや予防安全装置の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。

 

※掲載の内容は、2019年2月現在のものです。※掲載画像の一部はメーカーオプション装着車です。詳しくはカタログをご覧いただくか、販売店スタッフまでお問い合わせください。
※セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)は、プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダーまたはレーザーレーダー+単眼カメラ方式)、インテリジェントクリアランスソナー、レーンディパーチャーアラート、アダプティブハイビームシステムまたはオートマチックハイビーム装着車。セーフティ・サポートカーS<ベーシック+>(サポカーS<ベーシック+>)は、プリクラッシュセーフティ、インテリジェントクリアランスソナー装着車、またはスマートアシストⅡ装着車、スマー トアシストⅢ装着車。セーフティ・サポートカー(サポカー)は、プリクラッシュセーフティ装着車。