慌ててブレーキとアクセルを踏み間違えたときや、
バックでアクセルを踏みすぎてしまったときにサポートするシステムです。
慌ててブレーキとアクセルを踏み間違えたときや、バックでアクセルを踏みすぎてしまったときにサポートするシステムです。
障害物を検知する条件
障害物を検知する条件
こちらのクルマに取り付けできます
こちらのクルマに取り付けできます

※1.19年10月発売予定。 ※2.19年12月発売予定。

※車種・グレードにより追加費用(部品代・取付費)が必要な場合があります。

※グレード・オプション・車両状態等により装着できない場合があります。詳しくは店舗スタッフへお問い合わせください。

※別途取付工賃がかかります(車種により異なります)。※取り付け作業時間は車種により異なります(約3.0〜4.0時間)。※センサー色はブラックのみとなります。

※別途取付工賃がかかります(車種により異なります)。

※取り付け作業時間は車種により異なります(約3.0〜4.0時間)。

※センサー色はブラックのみとなります。

※一部消耗品の保証期間や詳細につきましては、店舗スタッフにお問い合わせください。
※一部消耗品の保証期間や詳細につきましては、店舗スタッフにお問い合わせください。
ご注意いただきたいこと
ご注意いただきたいこと

本システムはあくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。


踏み間違い加速抑制システムは、次のような状況では正常に作動しない場合があります。
正しく安全にお使いいただくため、ご使用前に必ず「取扱書」をよくお読みの上、ご使用ください。

踏み間違い加速抑制システムについて
●運転状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。また、センサーの感知範囲、作動速度には限界があります。さらに、衝突の可能性が無くてもシステムが作動する場合があります。
●装着可能車種は限られます。グレード・装備等により装着条件が異なる場合があります。また、車両の状態や装着品によって、取り付けられない場合があります。
●本システムはあくまで運転を支援する機能です。加速抑制することを目的として設計しており、ブレーキ制御はありません。加速抑制中は車両が前進・後退する、坂道などでは車が下がる場合があります。必ずご自身でブレーキを踏んでください。システムを過信せず、必ずドライバーが責任をもって周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。
●前後の障害物を検知したときの加速抑制機能は、強くアクセルペダルが踏み込まれてシステムが踏み間違いと判断したときにのみ加速抑制を行います。踏み込み量によってはそのまま発進します。障害物との衝突を回避するためには、ご自身でブレーキを踏んでください。
●前後の障害物を検知したときの通知、加速抑制機能は車速約10km以下で作動しますが、障害物を検知判定した後に踏み間違いと判断したときに加速抑制をします。低速での走行時には、作動する障害物までの距離を保証するものではありません。
●障害物がない状況での後退時加速抑制機能は、一定の速度を維持するものではありません。坂道や傾斜した場所、アクセル操作によっては速度が出ることがあります。必ずご自身でブレーキを踏み、安全を確認して走行してください。
●ランプ表示、ブザー、加速抑制の全ての機能は、スイッチ操作で一時的に停止することができますが、エンジン/ハイブリッドシステムを再始動すると復帰します。停止状態を継続することはできません。またブザーの音量を変更することはできません。
●故意に車や壁などに向かって走行するなど、システムの作動を確認する行為は大変危険であり、絶対に行わないでください。
●本システムの詳細につきましては、取扱書またはスタッフにご確認ください。