ホームラインアップC-HR 〉特別仕様車
C-HR 特別仕様車

“Mode-Nero Safety Plus

 
安全装備と“Nero”を纏った特別仕様車登場。
 
Nero(ネロ):イタリア語で『黒』
C-HR 特別仕様車

“Mode-Nero
Safety Plus

 
安全装備と“Nero”を纏った
特別仕様車登場。
 
Nero(ネロ):イタリア語で『黒』

特別装備

18インチアルミホイール(ブラック塗装+ブラックナット/センターオーナメント付)

 
 
 
 

インストルメントパネル(特別設定色ブラック

 
 

■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。■画面はハメ込み合成です。

 
 
 

フロントシート

 
 
 

ドアトリムオーナメント

 

コンソールボックス

 

安全装備

駐車場や交差点で、周囲の安全確認をサポート。

パノラミックビューモニター

 
 

車両を上から見たような映像をディスプレイに表示します。運転席からの目視だけでは見にくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。 

 

■カメラが映し出す範囲は限られており、実際より遠く見える場合があります。映像を過信せず、必ず車両周辺の安全を直接確認しながら運転してください。

 
 
 
 

駐車場での「もしも」に備える、パーキングサポートブレーキ。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]

 
 

車庫入れなどの運転時、前後進行方向にある壁などの静止物を検知している場合、発進時にエンジン出力/ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキが作動します。

 

■インテリジェントクリアランスソナーは自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■写真はイメージです。

 
 
 
 

駐車場からバックで出るとき、クルマの接近をお知らせ。

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]

 
 

駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両を検知。ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによって注意を喚起します。さらに衝突の危険性がある場合は、自動的にブレーキ制御を行うことで、接近車両との衝突被害軽減を支援します。

 

■写真はリヤクロストラフィックオートブレーキの作動イメージです。■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。■リヤクロストラフィックオートブレーキは自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱書をご覧ください。

 
 
 
 

安全機能の詳細はこちら 〉

COLORS

 

PRICES

 
 
 

G“Mode-Nero Safety Plus”
ハイブリッド 2WD 3,075,800円
G-T“Mode-Nero Safety Plus”
ガソリン  2WD 2,741,400円
4WD 2,939,400円

■車両本体価格(消費税10%込み)はネッツトヨタ札幌株式会社が独自に定めたものです。2020年8月現在のもので、予告なしに変更する場合がございます。■価格には寒冷地仕様が含まれます。■価格には、オプション価格(寒冷地仕様を除く)・取付費は含まれておりません。■「メーカーオプション」はご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。■保険料・税金(除く消費税)、登録料などの諸費用は別途申し受けます。■自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要になります。

■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。また、実車においてもご覧になる環境(屋内外、光の角度等)により、ボディカラーの見え方は異なります。■環境対応車 普及促進税制およびリサイクル料金についてはお問い合わせください。■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。■画面はハメ込み合成です。■一部の写真は合成・イメージです。

ホームラインアップC-HR 〉特別仕様車
Copyright 2016 Netz Toyota Sapporo Co. Ltd.