※画像は全てHYBRID G。

荷物のカタチや量に合わせた、フレキシブルな荷室アレンジ。

 

フラットラゲージモード
サードシートを格納し、セカンドシートも折りたためば、フラットで広いラゲージスペースのできあがり。26インチのマウンテンバイク2台をそのまま積み込めます。

 

ハーフラゲージモード
左右独立で折りたためるセカンドシート。3人乗車でドライブを楽しみながら、カーペットなどの長い物も効率的に載せられます。

 

ゆったり2列+荷室モード
サードシートをダイブイン格納すれば、キャンプのときもゆったり座れて荷物もたくさん運べます。

お子様を抱えたお母さん、小さなお子様からお年寄りまで、すべての方の乗り降りをアシスト!

 

乗り降り簡単。
低床&フラットフロア

地上から330mm*1の低い乗り込み口は、段差もなくフラット。お子様やお年寄りも安心して乗り降りできます。

■数値は社内測定値。測定箇所により数値は異なります。*1.2WDの数値。4WDは350mm。


 

握りやすい位置に手すりを配置。
乗降用アシストグリップ

セカンドシートまわりには、乗降時に役立つ手すりを設定。低床&フラットフロアに合わせて、小さなお子様やお年寄りが握りやすい位置に配置しています。

■破損を防ぐためにアシストグリップに重たいものをかけたり、過度の負荷をかけないでください。

 買い物で手荷物を抱えているときに便利。
ワンタッチスイッチ付きパワースライドドア
(挟み込み防止機能付)

パワースライドドアに、ワンタッチで簡単に開閉できるスイッチを採用しました。スマートエントリー&プッシュスタートシステム装着車の場合、スマートキーを携帯していればワンタッチスイッチを押すだけで解錠&ドアオープンすることもでき、買い物で手荷物を抱えているときなどに便利。挟み込み防止機能付です*1。

*1. 挟まれる物の形状や挟まれ方によっては挟み込みを検知できない場合があります。開閉時は十分にご注意ください。■写真はワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア装着車。[X“Vパッケージ”を除く全車に標準装備。HYBRID G、G、G車いす仕様車はデュアルとなり、HYBRID X、X、X車いす仕様車は助手席側となります。]

*1.警報は自車速度約15km/h~140km/h、自動ブレーキは自車速度約10km/h~80km/hで作動します。 *2.数値は社内測定値。*3.公道を走行する時は、法定速度や制限速度を順守してください。 *4.本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。*5.レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。*6.自車速度約30km/h以上で作動します。 *7.ハイ・ロービームの切替自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切替えるなど、安全運転を心がけてください。
■Toyota Sefety Sense Cの各機能は、あくまで運転を支援する機能です。各機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って状況を把握し、安全運転を心がけてください。
道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、各機能が正しく作動しないことがあります。

■自動ブレーキ

■車線はみだしアラート

■自動ハイビーム

ハイブリッドシステムが実現する、バツグンの燃費性能。

低燃費と走りやすさに大きく貢献。
小型ハイブリッドシステム

モーターとエンジンの長所を最大限活かしながら、低燃費と優れた走りを両立するTHSⅡ*1。小型化することで、低燃費や走行性能に加え、室内の広さにまで貢献しています。
 

*1.THSⅡ:Toyota Hybrid System Ⅱ
*2.燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、オプションの装着に応じて燃料消費率は異なります。
■燃料消費率は、定められた試験条件(モード)のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
■写真はイメージです。

走行性能
ドライバーにやさしいサポート機能で、楽しいドライブをさらに楽しく。

運転が愉しくなる扱いやすさ。
最小回転半径5.2m*3
小回りがきくコンパクトボディなので、細い路地に入る時も、Uターンする時も、スマートに運転できます。

*3.15インチタイヤ装着車の場合。16インチタイヤ装着車は5.8m。

※価格はメーカー希望小売価格<(消費税8%込み)は`17年8月現在のもの>で参考価格です。価格、取付費は販売店が独自に定めていますので、詳しくは営業スタッフまでおたずねください。