「プリウス」その意味は、ラテン語で「〜に先駆けて」。
「ハイブリッド」を当たり前にしたように次の主流となるクルマの姿を背負ってプリウスは新たな道を走り出そうとしています。 それがプリウスPHV。
コンセントから充電して走ることも、さらには太陽光を走るエネルギーとすることもできる。近い将来スタンダードとなるクルマ。

 

満充電からのEV走行距離が従来モデルから2倍以上も延長したプリウスPHV。普段の運転のほとんどをEVモード※1で楽しめます。しかも、アクセルを強めに踏み込んだり、暖房を使ったりしても、エンジンがかかりにくくなりました。


■メーカーオプションの215/45R17 タイヤ&17x7J アルミホイールを装着した場合、55.2km。 ■充電電力使用時走行距離は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じてEV走行距離は大きく異なります。 ■エンジン、駆動用バッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・所定の車速を超える)、道路状況(登坂)などによっては、バッテリー残量に関わらずEV走行が解除され、エンジンが作動します。

秘密は新プラグインハイブリッドシステム。圧倒的低燃費のハイブリッド走行を誇るプリウスのハイブリッドシステムをベースとしているため、ハイブリッド燃費はトップレベル※2です。

■メーカーオプションの215/45R17タイヤ&17×7Jアルミホイールを装着した場合、30.8km/L。 ■燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

※1.エンジン、駆動用バッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・所定の車速を超える)、道路状況(登坂)などによっては、バッテリー残量に関わらずEV走行が解除され、エンジンが作動します。
※2.2017年2月現在。ガソリン乗用車。トヨタ自動車(株)調べ。

 

100V電源の「普通充電」なら、今あるご家庭の配線をそのまま利用できるため、専用の配線工事はいりません。屋外にあらかじめアース付のコンセントが付いていれば交換も不要※1です。道の駅やサービスエリアに設置されている「急速充電」にも対応しているので、外出先での充電も気軽に行えます。


※1.抜止形コンセントの場合は、高耐久コンセントへ交換が必要となります。
■急速充電はS を除く全車に標準装備、S にメーカーオプション。 ■ご自宅の「充電設備の準備」や、外出先での「充電サービス」について、詳しくは販売店スタッフにおたずねください。

 

アクセルを踏むと、モーターだけで力強く加速。モーター音も小さく室内も驚くほど静かです。


■エンジン。駆動用バッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・所定の車速を超える)、道路状況(登坂)などによっては、バッテリー残量に関わらず、EV走行が解除され、エンジンが作動します。

 

アクセルを踏むと、モーターだけで力強く加速。モーター音も小さく室内も驚くほど静かです。


■エンジン。駆動用バッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・所定の車速を超える)、道路状況(登坂)などによっては、バッテリー残量に関わらず、EV走行が解除され、エンジンが作動します。

最初に目を引くのは、11.6インチの大画面を縦に配置したT-Connect SDナビゲーションシステム。表示の鮮やかさも扱いやすさも、これまでのナビのひとつ上をいく、トヨタ初※1となる装備です。 後席が2人がけとなり、まるで高級車のような佇まい。中央に大型コンソールを設けることで、ゆったりとくつろげる程よいパーソナル感を生み出しました。大人4人が車内で快適に過ごせる雰囲気をつくりだしています。

 ※1.2017年2月現在。トヨタ自動車(株)調べ。
Photo:[左]A。内装色のクールグレーは設定色(ご注文時に指定が必要です。指定がない場合はブラックになります)。[右]S“ナビパッケージ”。内装色はブラック。■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。■画面はハメ込み合成です。画面はイメージで実際とは異なる場合があります。

なによりも「先進」をイメージさせるデザイン。その姿からは、走りの愉しさも予感させたい。そんな二面性を目指したプリウスPHVのエクステリア。 フロントフェイスは、透明に艶めくアクリルグリルや、先進技術を凝縮した4眼がエモーショナルに光るLEDヘッドランプによって、より未来を見据える顔つきへと進化。サイドデザインは、延長したリヤオーバーハングを活かし、伸びやかで疾走感のあるシルエットを実現しています。

*1.プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10~80km/hで作動します。*2.数値はトヨタ自動車(株)測定値。 *3.本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します *4.レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。 *5.自車速度約30km/h以上で作動します。 *6.ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。*7.車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。*8.ITS Connectのオプション選択により、通信利用型レーダークルーズコントロールが利用可能になります。
■Toyota Sefety Sense Pの各機能は、あくまで運転を支援する機能です。各機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って状況を把握し、安全運転を心がけてください。
道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、各機能が正しく作動しないことがあります。

■自動ブレーキ

■車線はみ出しアラート

■追従ドライブ支援機能

■自動ハイビーム

1.スーパーホワイトII〈040〉 2.ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉※ 3.シルバーメタリック〈1F7〉 4.グレーメタリック〈1G3〉
5.アティチュードブラックマイカ〈218〉 6.エモーショナルレッド〈3T7〉※ 7.スティールブロンドメタリック〈4X1〉
8.サーモテクトライムグリーン〈6W7〉※ 9.スピリテッドアクアメタリック〈791〉

※.ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉(32,400円)、エモーショナルレッド〈3T7〉(54,000円)、サーモテクトライムグリーン〈6W7〉(43,200円)はメーカーオプションとなります。 ■車両本体価格<消費税8%込み>は平成29年11月現在の価格です。 ■価格はタイヤパンク応急修理キット、タイヤ交換用工具付の価格です。 ■価格にはオプション価格、取付費は含まれていません。 ■保険料、税金(除く消費税)、登録料などの諸費用は別途申し受けます。 ■自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要となります。